読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pj-sinの日記 3rd season

jazzとfusionとrockを愛してやみません

ううむ、そうなんやなあ・・・

日ハムプロ野球優勝おめでとーーーーーーーーっ!

MVPはあの寿司職人だそうで~お立ち台でも特上の握りを見せてくれた。

 

で・・・こちら。

 

大下剛史氏が首かしげた広島ナインの行動】 


 日本シリーズ第5戦(27日、札幌ドーム)は日本ハムが広島に5―1でサヨナラ勝ち。2連敗から3連勝し、10年ぶり3度目の日本一にあと1勝と迫った。9回二死満塁で西川遥輝外野手(24)がサヨナラ本塁打を放ったが、本紙専属評論家の大下剛史氏は、その直前のシーンでの広島ベンチのアクションに首をかしげた。

 最後は日本ハム・西川のサヨナラ満塁本塁打で決着。長い日本シリーズでも歴史に残る幕切れだろう。ただ、どうにも後味が悪い。サヨナラ本塁打が飛び出す直前に死球をめぐって騒然となった場面だ。

 同点の9回二死一、三塁で中崎が岡に死球。ここで岡がマウンドの中崎に向かって行きかかった。ぶつけられた選手がエキサイトするのは分かる。捕手の石原が「すまん、すまん」となだめ、岡も気を取り直して一塁へ歩きだした。ところがこの後、日本ハム、広島の両ベンチから選手が出てきてにらみ合いとなった。あの場面、両軍が出てくるようなプレーではない。それでも日本ハムが怒るのはまだ分かる。ぶつけた方が悪いのだから。しかし、広島が色めき立ってベンチを飛び出るのはおかしい。

 死球で満塁。中崎は今年、リリーフを任されているが、まだまだ経験は多くない。ただでさえ厳しい場面なのに、あの騒動のせいで中崎は明らかに動揺していた。次の打者の西川に初球はスライダーで完全なボール。押し出しがチラついて真っすぐでストライクを取りにいったところを一振りでやられた。

 ああいう場面でもめごとが起これば、どうしたって打者有利で投手は不利になる。投手の方は冷静さを失って、気持ちの整理がつかなくなるからだ。だから石原の岡への振る舞いはファインプレーだった。それをベンチにいた広島の選手が台無しにした。

 両チームともこの一戦に勝てば王手をかけて有利になる。本拠地で2連勝した広島は、まさかこんな展開になるとは思っていなかっただろう。「札幌ドームで3戦目も負けたら」との焦りもあったのかもしれない。だが、あそこはベンチを預かってるもんの責任でもある。せめて騒動のあと、もう少し時間をかけるべきだった。「冷静に」「冷静に」と間を取らないといけなかった。まだざわめきが収まっていないままプレーが再開して1・2の3でやられてしまったように映った。

 西川も評価しないといけない。そこまでの4打席の内容はゼロだった。それが騒動で気が楽になったのだろう。思い切りの良さが出た。普通、初球がボールならば四球で押し出しもちらつく。それを次の球を見逃さず打ちにいったのは立派だった。

 日本シリーズは得てしてベンチのヤジであるとか、野球以外のところで決着することがある。この日は西川のサヨナラ本塁打の直前の騒動が、試合を決着させてしまったように思う。

 

 

確かに全然関係ないことが要因で物事が支配されて、動いてしまうことがある。結局それは一言で言えば当事者の「集中力(の欠如)」ってことになるのだろう。今は勝負してる時、物事を荒立てて肝心の勝負から気持ちが逸れるようなら勝ちは逃げていく。ましてや味方の逆アシストでそうなったのではたまったものではない。これはスポーツや勝負事でなくても言えるのでは。「今はこれが大事」それ(だけ)を思っていれば大外しはしないんだな、と勉強~。