pj-sinの日記 3rd season

jazzとfusionとrockを愛してやみません

地球一番

長いことギターやってますが(上手くなりません)、良過ぎてズルいっ!って思うのがこちらのカテゴリー、ギターデュオです。日本にはこのジャンル、素晴らしいミュージシャンが目白押し!意外とみんな副業的にやっているにもかかわらずいいのです。束縛なく自分の好きなことやらせてもらうぜ~みたいな雰囲気満々です。『放課後の音楽室』をはじめ、みんな絶対何曲かは聞いたことがあると思われるGONTITI、色んなミュージシャンのバックギタリストを務める名うてのコンビの山弦、F1のテーマ曲でおなじみTSQUQREのリーダーにしてギタリスト、安藤まさひろさんとバンドの初期メンバーみくりや裕二さんのデュオはあんみつ、そして残念ながら亡くなられてしまった浪速のギタリスト石田長生さんと日本のロックギタリストと言えばこの人、Charこと竹中 尚人さんのデュオはBAHO。共通しているのは聞きやすさ~しかしハイテクニックという二律背反の上に成立する快適音楽です。

 

『修学旅行夜行列車南国音楽 - GONTITI

https://www.youtube.com/watch?v=7qmXsKur-WA

 

『春-spring 山弦 yamagen』

https://www.youtube.com/watch?v=Vqi0af7WJPg

 

『カピオラニ  安藤まさひろ & みくりや裕二』

https://www.youtube.com/watch?v=-2S9vsxTd_Q

 

『BAHO 『ALL AROUND ME』 LIVE IN OSAKA (1990.3.25)』

https://www.youtube.com/watch?v=jR9qf_UXNp8

 

またそれぞれご紹介しますね~。

 

 

広告を非表示にする

(知り合いの)(お)父(さん)の(お)話

深夜にやっていますな~再放送?

こちらです~

 

ジョーカー・ゲームウィキペディア

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0

 

やってるのはスパイもののアニメですが、架空のように見えて実は設定等は現実にあった話にかなり近いようです。

実はこの話にも実名で出てくるスパイ養成的な学校(実際には陸軍の士官育成学校)に戦時中通ったという(知り合いの)(お)父(さん)の(お)話を聞いたことがあります。

そちらの学校は小学校卒業後に受験して就学するところだそうで中・高で士官学校に入学する能力のある人を若いうちから選抜して隔離・育成するところで日本に数校しかない全寮制の学校だそうです。一般学問以外にもまた別のカリキュラムがあったようでアニメでも出てますけどかなり厳しい教育がなされていたようです。(お)話で印象に残ったのは10km遊泳(中高の素人ですぞ)、外国語教育、当たり前の鉄拳教育、学校の命令を受けた先輩が就寝中竹刀で襲撃に来る、などこれだけでも異常な(すみません異常です)状況下の判断力を養成しようとしていたのも理解できます。そのおかげか士官学校に唯一無試験で進学できる特待であったそうです。またその人の弟さんの話によると(知り合いの人のおじさん)、全科目「優」評価でないと受験も恥ずかしいとのこと(このぅ~~身の程知らずがあぁ~~みたいな感じになるらしい)、体育も、っていうか体育はもちろん、って感じらしい。休暇になって寮から戻ってきた中学生に対し街中(まちなか、です)の兵隊さんが(戦時なので配置されてたようです)、最敬礼で通り過ぎるのを待っていたそうです(制服と特徴あるバッジでわかるそうな~っていうか中坊ですぞ?あ、すみません、知り合いのお父さんに・・・)。(知り合いの人が)居酒屋さんでお酒を飲んでいてお隣に座った複数のかなり年配の人たちと仲良くなった時に、その人たちが偶然その学校の話を出してきたので「あ~そこ、父行ってたんすよね~」などとなにげに言ったところ「な、なんだとーーーっ!!」となり、他のお友達は呼ぶわ、どうしても来れない人が「電話代わってくれ!一声聞きたい(いや息子さんです)」となるわ、果てには泣き出すわ(お酒入ってますしね)上へ下への大騒ぎとなったそうです(ごめんね、ほんとにね「中坊」などと言ってすみません。今のみんな、すまんけど年金真面目に払ってね~)。ちょうど学校卒業するかどうかっていう頃に終戦になったそうです。すぐ上の先輩方はほとんど特攻要員だったそうです。そういうスキル、たぶん習っちゃってますしね。。。

その(お)父(さん)は戦後その学校のことはもちろん戦争の話をほとんどしなかった(そうです)。戦争の学校に万歳三唱で送ったくせに帰ってきた優秀生を戦争の権化の如く扱い(何度も言います、中坊~高校生です)、あまりの手のひら返しにあきれ果てたのだと思います。

ある日選挙の投票で休みの日に(お)父(さん)と学校に行った(知り合いの)その人はなにげに高い鉄棒で大車輪(内村航平選手がやるような技です)を当たり前のようにやるその(お)父(さん)に向かってスゲェ―――といったところ、「このくらい普通にできないと学校にはおれんよ」と言われた(そうな)。また柔道はかなり教育されていたらしく「内無双」「外無双」などの技名を言いながら相撲を取ってもらっていたとのこと。技のキレは半端なかった(んですって)。

このお話を聞いて、やっぱり平和っていいなあ~(それに甘えてサボり過ぎですが)と思います。中学生でそんなことやらなきゃならないなんて・・・。。

 

はっ!でもこんなに軍の機密を暴露してしまったワタクシ・・・。

大丈夫かっ!?もしこのブログが長期に渡って更新されないなどという状態が続く場合、その時は・・・あ、誰か来た。

そっかあ・・・そ、そうですよね・・・

バイキンマンだってバイ「キン」な訳ですしね、そりゃそうか・・・。

 

こちらです~

 

ばいきんまん役・中尾隆聖、涙の「ドキンちゃん、バイバイキ~ン!」声優・鶴ひろみさん送る会』

 昨年11月16日に首都高速上の車から意識不明の状態で見つかり、大動脈剥離のため急死した声優の鶴ひろみ(つる・ひろみ)さん(享年57)を送る会が13日、東京・青山葬儀所で執り行われ、仕事関係者約400人、ファン約350人が早すぎる別れを惜しんだ。鶴さんがドキンちゃん役を務めていた日本テレビ系「それいけ アンパンマン!」(金曜・前10時55分)で、30年来タッグを組んだばいきんまん役の中尾隆聖(66)は、涙声で「ドキンちゃん、バイバイキ~ン!」と天国へ送り出した。

 冬晴れの空を貫くように、天国のドキンちゃんへ、ばいきんまんの絶叫がこだました。別れのあいさつに立った中尾は、祭壇の鶴さんに「一緒に言っていたセリフです。息を合わせて言ってください」と語りかけた。「ドキンちゃん、バイバイキ~ン!」。いつものユニークな決め文句だが、この日だけは涙が止まらず、声がかすれた。

 まさに相棒だった。アンパンマンの憎めないライバルとして、悪だくみをしては懲らしめられる2人は、劇中でも欠かせない存在だ。「片腕をもがれたような気持ちです。みんな怒っています。こんなことが本当にあるのか…」と中尾は悲痛な表情で話した。

 押しの強いなかにも、小悪魔的な色気もチラリと見せる鶴さんの声。中尾は「(「ドラゴンボール」の)ブルマもドキンちゃんも、鶴さんが作り上げてきたキャラクター。台本に『ばいきんまん、アレ持ってきて』と書いてあっても『アレ持ってきな』と変える。ドキンちゃんらしい言い方が大好きでした。『ドラゴンボール』では僕の(演じる)フリーザもよくディスられましたね」と懐かしむ。「Wトーク(声を合わせてセリフを発すること)では一度も『せーの』と言ったことはなかった。必ず息を合わせてくれた」と唯一無二の存在に思いをはせた。

 祭壇は故人が大好きだった紫色を基調に、「格好良くスタイリッシュな大人っぽさを表現した」という約4000本のバラやスイートピーで彩られた。7つのドラゴンボールをあしらったバルーンと、ブルマやドキンちゃんのパネルを設置。ドキンちゃん柄のフラワーアレンジメントやぬいぐるみなども飾られた。

 今でも、毎週月曜に行われる「―アンパンマン」のアフレコの際は、鶴さんの席は空いたままで、ドキンちゃんのぬいぐるみがそっとその椅子に座っているという。「つらいけど、頑張って番組を続けていきます」と中尾。空の向こうに行ってしまった相棒へ届くよう、これからも声を振り絞っていくつもりだ。

 ◆荻野目洋子「会いたかった」

 歌手デビュー前の83年、フジテレビ系アニメ「みゆき」でWヒロインを務めた荻野目洋子(49)も故人をしのんだ。荻野目は主人公・真人の血のつながらない妹・若松みゆき、鶴さんは真人の恋人・鹿島みゆきを演じた。当時14歳だった荻野目は「右も左も分からなかった頃。あの頃は必死で、会話したことさえ記憶にないけれど優しく、見守っていてくださっていたのかな」と振り返り、「あらためてお会いしたかった。今だったらどんな言葉をかけてくれるのかと思っていたのに…」と肩を落とした。

 ★山寺宏一(「―アンパンマン」のチーズ役)「30年近く毎週お会いし、番組を守ろうとチームでやっているため、今でも鶴さんが座っていた席にドキンちゃんの人形を置いて、お菓子の差し入れを置いています。大好きな鶴さん、本当にありがとうございました。これからも作品頑張ります」

 ◆主な出席者 荻野目洋子、かないみか田中真弓、TARAKO、冨永みーな中尾隆聖野沢雅子古川登志夫古谷徹堀川りょう、村田雄浩、山寺宏一渡辺菜生子(50音順、敬称略)

 

高速道路上で大動脈剥離を起こして停車したと聞いて、その緊急停止は責任感だけで行われたのではないかという医療関係者(の方)がい(らっしゃい)ます。意識がなくなるまではほとんど時間がない病気らしく、そんな中、高速道路上で停止の作業が行われたというのは大変なご決断、周囲に迷惑をかけまいとする気持ちがお強かったのではないかとのことです。

 

なるほどね・・・。

でなきゃ何年もレギュラーのお仕事、休まずに勤め上げられないよね。

改めてご冥福をお祈りいたします。

 

で・・・。

バイキンマンって「菌」なんですよね?

ってことは・・・ド「キン」ちゃんっていうのも・・・?

 

酵母菌みたいなカワ(・∀・)イイ!!菌ならいいね!

パンだけに・・・(ヒューうぅぅーっ!ううっ今日も寒いっ)。

オトコのペーソスを書かせたらこの人

「そのうちに私はそんな遠い學校へ毎日あるいてかよつたお陰で、からだも太つて來た。額の邊にあはつぶのやうな小さい吹出物がでてきた。之も恥かしく思つた。私はそれへ寶丹膏はうたんかうといふ藥を眞赤に塗つた。長兄はそのとし結婚して、祝言の晩に私と弟とはその新しい嫂の部屋へ忍んで行つたが、嫂は部屋の入口を脊にして坐つて髮を結はせてゐた。私は鏡に映つた花嫁のほのじろい笑顏をちらと見るなり、弟をひきずつて逃げ歸つた。そして私は、たいしたもんでねえでば! と力こめて強がりを言つた。藥で赤い私の額のためによけい氣もひけて、尚のことこんな反撥をしたのであつた。」

 

DO-TE-感丸出しっす。このあとで弟が兄を心配して寶丹膏を買ってきてくれるという描写があるのですが、そういうのも、ねえ・・・(ジワリます)。

 

「秋のはじめの或る月のない夜に、私たちは港の棧橋へ出て、海峽を渡つてくるいい風にはたはたと吹かれながら赤い絲について話合つた。それはいつか學校の國語の教師が授業中に生徒へ語つて聞かせたことであつて、私たちの右足の小指に眼に見えぬ赤い絲がむすばれてゐて、それがするすると長く伸びて一方の端がきつと或る女の子のおなじ足指にむすびつけられてゐるのである、ふたりがどんなに離れてゐてもその絲は切れない、どんなに近づいても、たとひ往來で逢つても、その絲はこんぐらかることがない、さうして私たちはその女の子を嫁にもらふことにきまつてゐるのである。私はこの話をはじめて聞いたときには、かなり興奮して、うちへ歸つてからもすぐ弟に物語つてやつたほどであつた。私たちはその夜も、波の音や、かもめの聲に耳傾けつつ、その話をした。お前のワイフは今ごろどうしてるべなあ、と弟に聞いたら、弟は棧橋のらんかんを二三度兩手でゆりうごかしてから、庭あるいてる、ときまり惡げに言つた。大きい庭下駄をはいて、團扇をもつて、月見草を眺めてゐる少女は、いかにも弟と似つかはしく思はれた。私のを語る番であつたが、私は眞暗い海に眼をやつたまま、赤い帶しめての、とだけ言つて口を噤んだ。海峽を渡つて來る連絡船が、大きい宿屋みたいにたくさんの部屋部屋へ黄色いあかりをともして、ゆらゆらと水平線から浮んで出た。」

 

不器用な弟の見事な表現です。庭下駄・團扇~月見草のくだりなどの弟の嫁の想像など近代文学史に残る表現かと(?)。

 

太宰治の『思い出』からです。『黄村先生』シリーズも年配男性のやらかしぶりにプックク・トホホからのハラ痛え~とまあなりますがこの人そういうの得意です(本当は)。うーむ、抑えた口調ながらも状況が的確に分かる筆力、冷淡であるように思われるほどクールに描写しているのに何らかの(何だ?)愛情も感じられますな。

 

ま、ここはもうあきらめてペーソスにどっぷり漬かっちゃいましょう~

 

次世代のトップランナーのお一人、ラッセル・マローンに癒されて。無理がなく(っていうかやってる内容はかなり難しい。それを感じさせないまでのスキル。素晴らしい!)美しい。

 

『You needed me - Russel Malone (Transcription)』

 https://www.youtube.com/watch?v=rLpmlXNnWaI

 

 

娘(さん)の(お)話

(知り合いの)娘(さん)の(お)話。

(知り合いの)(ご)夫婦に娘(さん)が生まれまして、で奥さんの実家の近所に住所があったので住所地=奥さんの実家の近くの病院で出産したんですな。

夫の方の(ご)両親は赤ちゃんが生まれてすぐに早速田舎から見に来られたものの、夫の実家への里帰りは伸び伸びになってたそうな。娘(さん)が冬生まれですぐに移動させて風邪をひいたらイカン!と言いながらも「早くに里帰りしろよっ!おかしいじゃないかっ!」の本意を心の奥で抑えながら。

でついに1年弱くらいたってから里帰りした。

ところがこの女の子、強度の人見知り。夫にも最初はなつかず~悲しい日々を送っていたのですがなんとか父親の意味を理解してもらい、順調に家族生活が離陸していったのです(って)。里帰りとなって夫の心に去来するのは、おじいちゃん(夫の父)、おじちゃん(夫の兄)にこの人見知りモンスターがどのような対応を見せるのかということ。それを考えるとお気の毒でもあり、いささかの好奇心もあり。

 

で里帰りしました。

 

元気に「おばあちゃん~(夫の母)!」と抱き付きに行く女の子。「お、意外といけるやん~」と思う間も有らばこそ、おばあちゃんの背後から出てきたムクツケキ男性2人を見るやいなや、

 

ビエ~~~~~~~~~ッ!!

 

号泣です。

おじちゃんの方は心得もよく「セーラームーンハウス」などのレア・グッズでツリにかかる(我々世代のサンダーバード秘密基地みたいな感じ?古いか)。もちろんあっさり陥落し(グッズに)、打ち解けたものの問題はおじいちゃん。

気の利いた用意もなくまさかの展開にオロオロするばかり。結局ファースト里帰りではスピリチュアル・コンタクトには至らなかったんじゃないかな~~(と聞いたんじゃなかったかなあ~~~~)。

夕食時のおじいさん、酒も入り、チラチラと女の子を見ながら宣った一言。

「このくらい用心がいいというのはすごいエエことや!誰にでもフラフラ愛想が良過ぎるんも逆に怖い、なあ母ちゃん~」とおばあちゃんに。

つうか用心されてんの、おじいちゃんだけなんだがなあ・・・。

 

男はなんだか人生の半分以上がペーソスに包まれてる気がします(他人事じゃありませぬ)。真面目にやればやるほどソッチに行ってる気が。

 

オトコってなもんは。こちらで癒されましょう。

『Danny Boy - Barney Kessel (Transcription)』

https://www.youtube.com/watch?v=WzGvXwjTuC4

 

 

 

【違うぞっ!】ジャイアンがたまにいいことやったら周囲は【おめーらいい人過ぎ】

<ケース1>

『「お礼言いたかった」はれのひ福岡店、無人の店舗に客次々 大学生は涙 前日にスタッフが独自対応』

 福岡市中央区の「はれのひ福岡天神店」には9日、同店で着付けをしてもらった新成人や、娘のために着物をレンタルした父母らが次々と訪れた。

 ガラス張りの店舗は暗く、人けはない。入り口の扉には「これ以上の対応については本社の状況不明のため営業困難となりました」との張り紙があった=写真。記載された番号に電話しても「本日の営業時間は終了しました」と自動音声が流れるだけだった。

 同店は本社の指示がない中、8日は独自の判断で営業した。同店で着付けをしてもらった同市博多区の大学生、山崎朱音さん(20)は「成人式で着物を着られなかったかもしれないことを想像すると、涙が出た。スタッフに会ってお礼を言いたかった」と話した。

 福岡県古賀市のパート女性(44)は2016年、同店で娘の着物を購入。昨年10月に振り袖姿の前撮り写真を依頼し、実際に撮影してもらったが、まだ写真を受け取っていないという。「娘のために写真のデータだけでも渡してほしい」と目を潤ませた。

 

あれ?出て来て着付けやったの当たり前でしょ~お客お金払ってますよ。「ガラス張りの店舗は暗く」?あのさ~もう残務処理済んだの?被害状況まとめるくらいできるんじゃないの?いざタイーホの時にそれこそ初動が早いでしょうが。まだなら毎日店開けてお客のクレーム最後の一人まで対応しなきゃ。店長店長~そちらが給料貰おうが貰うまいが関係ないんじゃね?お客には。メルカリの件がこれと関連しないことを祈るが・・・。

 

<ケース2>

『「鈴木選手の自白、感謝してる」 被害者のカヌー選手』

カヌー・スプリントの鈴木康大(やすひろ)選手(32)がライバルの小松正治(せいじ)選手(25)の飲み物に禁止薬物を混入させた問題で10日、小松選手が代表合宿中の石川県小松市内で報道陣の取材に応じた。「プライベートでも仲が良かったので、ショックは大きい。やったことは反省して欲しい」と語った。

自らがカヌーを始めた頃から鈴木選手はトップ選手だったといい、「同じ代表チームに入るとは思わなかった。憧れの人だった」。昨年10月に暫定的な資格停止処分を受けた後にも最初に相談し、「連盟の上の人に話せばいい」などとアドバイスを受けていたという。

 処分を受けてから、身の潔白が証明されるまでについて、「2020年東京五輪は無理、という絶望感があった。精神的につらかった」と明かした。普段から飲み物には注意を払っており、過去にパドルがなくなることもあったため、誰かの関与があったと、「ピンときた」とも振り返った。ただ、「証明はできず、焦りとショックがあった。鈴木さんに関わらず周りの人間を疑ってしまった」という。

 そして「鈴木選手の自白がなかったら、停止処分を受けたままだった。そこは感謝している。東京五輪に向かって頑張っていきたい」とも語った。

 

うーん、感謝しとる場合かっ!?キッチリ多額の損害賠償しないと後々の示しがつきませんぞ。お金も取られてるんですぞ(泥棒じゃん)。今「普通なら」自分の流動資産(固定資産さえも現金に替えてる=売却)を今後の人生に備えてどっか移してるでしょ、「犯人」(犯人です)サイドは。早く抑えとかなきゃ。選手ってパドルなんか取られたらもう感覚を新品に合わせるの大変なんじゃないの?天才イチローでも感覚変わるからって他人にバット触らせないらしいし~素人のギタリストでも他人のギターいきなり弾けって言われてなかなか・・・(これは全く不用でした)。

 

厳しいようですが被害者側の立場の人のことを「まず」考えろよっていうか(当たり前です)。いつもそう!いつもそうなんです~被害者泣き寝入り。でもバックレ計画倒産行方不明最低社長とか実力完全上の後輩貶めて東京五輪出たいよ(出るだけ)~最低カヌーイスト(あ、表現これで合ってますよね)、この後の人生どうするんですかね、日本ではちょっと、生活無理ですよね。なんとか最低レベルでも生きて行ければいいね。。。

 

こちらをテーマ曲に、ね。チラッと長調になるとこもありますよ。またすぐ戻るけど。余計つらいですかねw(実はミシェル・ルグラン作曲の名曲です)

 

『Pat Martino - What are You Doing the Rest of Your Life?』

https://www.youtube.com/watch?v=QabHQPNMV8o

 

 

 

ひどいっ!ひどすぎるっ!

ゆ、許せぬっ!

 

<非道1>

『貸衣装業者不明、被害の新成人に同業者ら急遽対応 「聞いたことない」…無責任さに怒り心頭』

「よりによってこんな日に」-。横浜市中区や東京都八王子市に店舗を置き、晴れ着のレンタルや着付けを行う「はれのひ」が成人式当日の8日に連絡がつかなくなり、多くの新成人が晴れ着を着られなくなった騒動。急遽(きゅうきょ)対応する呉服店や美容院も多く現れたが、いずれも、はれのひの無責任な対応に怒り心頭だった。

 シンガー・ソングライター松任谷由実さんの実家でもある東京都八王子市の「荒井呉服店」は、予約でいっぱいの中、急遽時間を削り出して被害に遭った新成人の着付けをした。

 同店によると、騒ぎに気づいたのは8日午前5時ごろ。新成人の女性が両親に連れられて来店し、「晴れ着を着ることができなくなってしまったのですが、何とかなりませんか」と依頼してきたという。

 予約もあり、そのときは対応できなかったが、インターネットをみて騒動になっていることが分かり、数人の着付けをしたという。

 同店では「よりにもよってこんな日に連絡がつかなくなるなんて…。こんな話は聞いたことがない。社員一同、憤りを通り越している」と話していた。

 同じ八王子市の美容室、ジュングレコヘアーでも急遽、騒動への対応を行った。「式の始まりには間に合わないけど、みんなと写真を撮りたい」。目を腫らして涙を流す新成人の女性に「急いでやるから大丈夫だよ」と加藤順子店長(52)は声をかけながら着付けとヘアメイクを行った。

 この女性には、はれのひで一緒に着付けを行う予定の友人もいたが、未明のうちからどうすればいいか分からずに、店の前で立たされ「もうやる気がなくなった」と成人式にも同窓会にも行かないと話していたという。加藤店長は「一生の思い出になる成人式、泣くのも分かる」と同情する。

 「昨日の夜には電話が通じたらしい。計画倒産なのだろうか。どのような事情があったのか知らないが、あと一日だけでもやれなかったのだろうか。同業者として信じられない」と驚いていた。

 

爺々などは学校が休みだったので荷運び的な単発アルバイトに行った覚えがありますな、成人式~っていうか男はいいんです。そんなものは。だが女子はイカンっ!女子は成人式晴れ着!これもう法定して義務化してもいいくらいのもんなんですな。特にご両親は見たいもんなんです。これと花嫁衣装は。娘がいるとしたらね~~

このニュースを見た時に思ったのはここの従業員は何とも思わなかったのか?ってことです。経営者側はまあ当日計画倒産考え付くくらいの大馬鹿だから仕方ない(救いようがないという意味での「仕方ない」です)としてもここで働いてる人は、実際に現場としてこの日の重要さを知ってるわけでしょう。「あのさ、成人式当日計画倒産でバックれるからさあ、店出て来なくていいよ~あ、モチのロン他言無用よ~退職金乗せとくから、その分。よろしくにぃ~」って前もって言われとる訳でしょ。「あー了解了解了解っす~楽しみー退職金♡」なるかーそんなの!でも共犯だからな!知ってて告発できなかったのは共犯!悪者です。あなた方は人間じゃありません。こんなことしててよく今後生きていけるもんですな~メンタル鰹節かっ。

 

<非道2>

『阪大入試ミス 予備校講師が指摘』

大阪大学が2017年の入学試験で誤って30人を不合格としていた問題で、問題のミスを指摘した予備校講師が取材に応じ、大学とのやり取りについて語った。
大阪大学によると、出題ミスがあったのは、2017年2月に実施された入学試験の物理の問題で、解答が3つあるのに1つの解答だけを正解とし、さらに、その解答を前提として、次の問題を出していた。
この問題ミスを大学に指摘した予備校講師・吉田弘幸さんは、大学とのやり取りを「(問題について)設定が不自然ではないかと指摘させていただいて、(これに対しては)大学の解答ですね、結論、これだけが知らされてきました。出題者側に勘違いがあるのではと思い、その点をもう一度、メールで指摘させていただいた。これについては、大学からの回答はいただけませんでした」と語った。
大阪大学は、不合格としていた30人を、新たに合格とすると発表し、希望者は、2018年4月からの入学を認めるという。

 

これもアホかって話。それも1年もたってから、ねえ。阪大は15人の先生が検討して作った問題らしいけど、お一人の予備校の先生にも大きく劣ってるわけですな。こりゃあ阪神優勝できんわ。予備校の先生は偉いですな。これぞプロの仕事に対するこだわり、これですよ!

阪大は経費等金銭保証するなんぞ言ってます。不合格の残念会の飲み代(未成年でしたか)、お父さんの落胆からのパチンコ代、お母さんのヤケ・カラオケ代、最近また不合格思い出して頭来たヤケ酒代、これもちろん経費ですよなあ~阪大潰れるほど請求してやりゃいいっ!