読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pj-sinの日記 3rd season

jazzとfusionとrockを愛してやみません

こぐなのプーさん?

こちらです。

 

 「“子グマ”と思ったら、実は子ダヌキだった…/青森・南部町」

 

子グマと思ったら、実は子ダヌキ−。
青森県南部町で16日発見され、“子グマ”として一時的に保護されていた幼獣2頭について、町農林課は27日、クマではなくタヌキの子どもと分かったと発表した。
同課によると、2頭は発見者の男性が預かっており、健康状態に問題はなく、時期をみて山に放すという。

 2頭の幼獣は16日午前、同町下名久井の会社敷地内で発見された。
これを子グマだと思った同課は“親グマ”を誘い出すため、同社敷地内に捕獲用おりを設置し、2頭を入れていた。
だが、動物愛護の観点から翌17日、一時的に保護することにし、発見男性宅に預けていた。

 同課は20日、引き取り先を探すため、日本動物園水族館協会に照会。
同協会がホームページに幼獣の画像を掲載したところ、ある動物園から「クマではなく、タヌキではないか」との指摘が、同課に寄せられた。
2頭の健康状態を確認した獣医からも同日、同様の指摘があったという。

 その後、県が森林総合研究所東北支所(盛岡市)に鑑定を依頼したところ、「クマ」ではなく「タヌキ」と判明。27日、県から同課に連絡があった。
同課の東野成人課長は「この件では多くの意見、助言があった。ご心配をかけ申し訳ない」と話した。
 県自然保護課の担当者は「クマとタヌキの幼獣は区別しづらく、専門家以外は見分けがつきづらいようだ」と述べた。

 

 

化かされただけって気もしますが。つうか発見者に預けられても。。。