読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pj-sinの日記 3rd season

jazzとfusionとrockを愛してやみません

赤ちゃんがっ、ウチにキタアァーーーー ♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪

 

だから言ったじゃないですかーーっ!

「衝動買いはしないって!」・・・

 

衝動買いじゃありません。

アノ子は狙っていきました。

 

こちらです。

f:id:pj-sin3:20170302044307j:plain

ぼけてますな~ほんまに。。写真超下手だ!

これ500ccビール3個半くらいの長さです。

手が小さく指が短く肉球発達してるからこそ弾けるギターですぅ~

少し手直しが必要みたいだけど。

今は家族妻(色:ブラック)、長女(ミニギター)でこの赤ちゃんで暮らしていまーす。

 

春は外で、だっ!

 

おまいだけはオレのものに・・・という気持ちに

そう、出来てない訳です・・・(´;ω;`)。。

 

あっ!もちろん曲のお話です(当ブログは女性のミカタ・・・ry)

1カ月もあるのにふわふわじゃイカン訳です!

自分の曲にしてしまわねば、そう思うんです。

まして「あっ!これいい曲だなあ~なんて曲だろう~?」そうなんかあ~こういうタイトルの曲で・・・え?これ先生に見てもらったことある曲じゃん!ってさあ・・・若年性の病気と診断されてもやむをえません(いや、年なりかっ)。

 

やらんとねっ!

 

で来月のサザぇ・・・SIN爺は~うんぐぐぐっ!

 

『Dear Old Stockholm - Stan Getz & Chet Baker

https://www.youtube.com/watch?v=ksQBfJ968TA

寒い街の歌は寒いうちにしとかないと、って思ってるうちにほのぼの暖かく。。。

 

『johnny hartman - You're Too Beautiful 』

https://www.youtube.com/watch?v=IbXsr1uvX9Q

 

サックス寄りの2曲をどうギターで表現するか?

 

 

で、綺麗な人には綺麗ですねってなかなか言えない問題!

 

 

 

 

 

 

 

ったくおまいらはっ・・・

(学校帰り。お別れポイントにて)

男子A「うん、ほんならなーっ」

男子B「うん」

男子A「おーバイバイーっ」

男子B「うん」

男子A「違うやろっ、バイバイ言うたらお前もバイバイやんか」

男子B「あ、うん。バイバイ」

男子A「ほんなら最初から。バイバイーっ」

男子B「うん、バイバイ」

     ・

     ・

     ・

男子A「バイバイーっ」(少し離れたので大声で)

男子B「・・・。」

男子A「こらーっ!バイバイはーーっ!」

男子B「あ、バイバイーっ」

男子A「聞こえへんーーっ!もっと大きな声でっ!」

男子B「バイバイーっ」

男子A「もっと大きな声っ!」

男子B「バイバイーーーっ!!」

男子A「バイバイーーーーっ!!」・・・

 

全く男子っていうのは・・・

 

なんでこんなアホなんでしょっ。

ちなみに私が小学生の頃はお別れの挨拶で男子同士「バイデッ!」っというのを言い合うのが通例で何回もバイデッ!バイデッ!って言い合っておりました。

 

アホの大先輩じゃぞっ!

222はあの動物の日?

犬「わん、わんわん、わんわんおっ!」

爺「わっとー!ビックリしたっっての。いぬっそこにおるのかっ」

犬「いやまあ~おるんかっていうかぁ・・・ま、その、飼われてる的な」

爺「あぁ~気ぃ遣う的な?」

犬「そそ、そうなんすよっ!分かってらっしゃる?」

爺「まあ次男の冷や飯食いは経験もあるっ。武士は相身互いじゃっ」

犬「さ、さすがっ!旦那っ!こりゃ御見通しだあっ」

爺「お前も何かとつらい身の上じゃなっ」

犬「まあ、3食や雨風の心配はねぇ、ま、いらない訳ですけど」

爺「それだけでは何かとつらいわな」

犬「そそっ、そうなんですよ。それだけやのうて・・・」

爺「たまにはハジケたいっ、じゃなっ!」

犬「分かってっ、分かってらっしゃるっ!旦那ぁっ・・・」

爺「フフフ、分かるっ!分かるぞっ!この爺とて冷や飯食いの身ではありながら、家族の目を何かと盗んでは花街に通い詰めたもんじゃっ。男にはなにかとそういう、なっ」

犬「そそっ!そうなんすよねえ、旦那ぁ・・・広いところで大暴れしたいっていうかぁ・・・」

爺「フフフっ、漢、じゃなっ!」

犬「だ、旦那ぁ~~~っ(涙)」

爺「あっ、携帯が・・・」

犬「結構すよっ、待ちます!大丈夫っ!待ちますともよっ!」

爺「あ、久しぶ・・・あっ見たこないだ?まなぶくんの・・・うん猫特集・・うん、ちっひーはペット、亀のセヴァスチャン。そう。るりりはもう家が王国、動物の。うん、オレのおススメはヒッキー、いやヒキガエル。いやかわいいんだって、それが。あーそうそう、すごいな!ぬこっ!12兆円市場?マジ?みたいな感じ・・・そうそう、そうなんじゃよ・・・」

犬「いや・・・いや、あの・・・旦那?」

爺「そうそう、すご・・・うん、ねえ!!すごい・・うん、ぬこかわいいし・・ぃぃ・・・」(遠ざかる)

犬「いや・・・あれ?あのっ・・・旦那ーーっ?もしもしぃーー!?」

 

 

ネコの日だそうです。。(当ブログはもちろん100%女性のミカタ・・)

 

やりたくはない、もうやりたくはないんですが

このあいだジャズボーカルのTOP、アル・ジャロウが亡くなった訃報を入れたのですが・・・。

 

ギタリストのラリー・コリエルが亡くなりました。

日本語サイトがないのでこちらです(´;ω;`)

 

『Legendary Jazz Guitarist Larry Coryell, 'Godfather of Fusion,' Dies at 73』

http://www.billboard.com/articles/news/7694346/larry-coryell-dies-obituary-legendary-jazz-guitarist-godfather-of-fusion

 

高校の頃ふとしたきっかけでよく聞きました。

この記事のタイトルにも書かれていますが、単なるジャズのミュージシャンの枠に嵌り切れない多様性を持った方です。ナイツさんの漫才で「今日はすごいですね!漫才あり、落語あり、手品あり、・・・ざ・ぼんちあり(爆)」「ま、どのジャンルにも当てはまらない方がね、いますね」ってネタがありますが、ほんとにそういう感じの方でしたね。アコースティック・ギターのアルバムなんかでしっとり泣かせたかと思うとエレキのギンギンの狂気なフレーズで高みに飛ばされてしまう、なんて感じです。なんか「ロックとの融合」とか「ロックの技法を取り入れ」なんか書かれていますが違います。彼が自分でやりたいことを見極めるうちに一番表現できる方法を使用したに過ぎないのです。まさに「ざ・ラリー・コリエルあり」(「ざ・」はいらねえだろっ)って感じです。ジャズギター界の眼鏡キャラ、萌えます。

パコ・デ・ルシアジョン・マクラフリンとの「スーパーギタートリオ」(アル・ディ・メオラの入る前の)やその元?になった『トリビュータリーズ』なんてアルバムももうギター界の至宝です。

R.I.P.だけでは済まない方です。ありがとうございました。

 

『You Don't Know What Love Is / Larry Coryell 』

https://www.youtube.com/watch?v=Wd9LftvGVjI

このジャズの名曲は自分的にはこれが!いつもこの曲を(たどたどしく)弾く時は必ずこのエンディングになります(速弾きは出来ないですけど)。

 

『Spain (LARRY CORYELL / STEVE KHAN) Audio』

https://www.youtube.com/watch?v=YxflQzvJNGE

そしてこのチック・コリアの名曲は私の中ではこのバージョンがダントツ。この間のアル・ジャロウもやってましたな。

 

『Larry Coryell - Ravel's Bolero Expo 92』

https://www.youtube.com/watch?v=0jYR8Ra2SIQ

ラベルの名曲だとてギター1本でこの迫力。ギターにとって厚みをどうするか、これはお客に対する真摯な態度だと思います。

 

もうね、訃報入れたくない訳です。体調管理をミュージシャンの皆様、何卒。

か、かばんちゃんっ!

うーむ、けもフレね・・・。

祭りは本物かステマかみたいな論議ありますな。。。

正直、

「そこまでか?」ってな気はしましたのですが・・・アニメ初見時。

かばんちゃんという名前にはヤラレタのは事実です。

 

それより・・・

最近明石奈津子ちゃんがすごい素晴らしいです。

アイドルっていうより、もうまるまるアーティストで行った方がと言う気もします。

 

でも前回ご紹介のなるちゃんといい

こういう方々はあまりというかとんとまるで縁がないタイプの外観であられます。

 

チクショーっ!(何度も申しておりますが初老・・・ry)

 

 

まあ~

ありますな、寂しい時・・・。

なんか行き付けの飲み屋さんでマスターやママに申し訳なく思いながらいろいろぶちまけるとか、男ならそういうのありますが。。

 

娘に毎日会える幸せと何十年も娘に会えない不幸せ、どちらを取るかと言えば・・・。

 

で今は~

AKB48グループ 第2回ドラフト会議1周年 「ここがロドスだ、ここで跳べ!」 』

https://www.youtube.com/watch?v=WZqaxTyNEXI&t=124s

 

何度も号泣してます。。。(何度も言ってますが初老です)

 

広告を非表示にする